日々ブログ

日々のくらしの中で思ったこと

2022年4月から楽天銀行の金利が改定

年末に楽天銀行金利が変更案内が来てました。
ざっくり言ってしまうと、金利の改悪です。
楽天グループも経営が厳しいんでしょうか。
楽天モバイルに参入してから、ポイントの羽振りが悪くなっている気がします。

f:id:xinformation:20220102184500p:plain

変更前:預金残高に関係なく、金利が0.01%

変更前の金利は0.1%でした。
メガバンク金利は約0.001%だったので、めちゃくちゃお得ですよね~。
というか、ほとんど金利つかないから預ける意味があまりない。
条件はあったのですが、楽天銀行楽天証券銀行の口座を連携させるマネーブリッジを設定するだけと、 口座開設さえしてしまえばあとはスマホで設定しまえば終わるような話だったので多くの人が利用していたのではないでしょうか。

変更後:預金残高が300万円以上の場合の利率が低くなる

預金残高が300万円を超えた分に関しては、利率が低くなります。
300万円超過分は金利0.04%とかなりのダウンです。
複利が美味しい金利において、一定金額を超えてしまうと利率が低下するのはかなりいただけないですね。
ひとまず、300万円を超えた分は他の銀行に預けておくのが無難でしょう。

変更理由(憶測):マネーブリッジの役割が終えたから?

若干横道に逸れますが、楽天証券口座の開設数が他行を上回ったから、今回のようにサービスの質を落としたのではないでしょうか。
金利を上げるためには楽天証券口座の開設が必要で、裏を返せば楽天証券口座を開設して欲しい」からこうした金利優遇制度を取っていたのだと思います。
今回それが終了になったのは、楽天証券口座が他行の証券口座を抜いて1位になって楽天証券口座をわざわざアピールする必要がなくなった</uのだと思います。
業界No.1を獲れば、あとは勝手に利用者は集まるので。
メリットも無いのにわざわざ高金利を維持する必要も無いですし、 300万円を超える分はどんどん楽天証券口座に流して欲しいといった思惑もありそうです。
めちゃくちゃ商売上手やな~と思ったり。
f:id:xinformation:20220102191336p:plain

corp.rakuten.co.jp

貯金をするなら楽天銀行はおすすめしない。

貯金目的なら楽天銀行はもはやおすすめできません。
長くお金を預けておくなら、もっと金利の高い銀行の方がいいでしょう。
あおぞら銀行は0.2%なので、圧倒しています。
こちらは、楽天銀行の変更前の状態からあおぞら銀行の勝利ですね。
これを機会に楽天銀行の方は、あおぞら銀行に乗り換えた方がお得です。

生活に必要なお金は楽天銀行がおすすめ

頻繁に預けたり引き出したりする生活に必要なお金については楽天銀行の方にあずけるのが良いと思います。
金利は改悪となりましたが、サービスの便利さに関してはまだまだ楽天銀行は優位です。
給与受け取り口座にしておけば、毎月一定回数振り込み手数料が無料ですからね。
これは、他社には無い特徴です。
数百万預けた程度でもらえる金額は、一回の振込手数料とトントンですからね。
生活に必要で回転率の高いお金は各種手数料の低い「楽天銀行」、めったに引き出さない回転率の低いお金は金利の高い「あおぞら銀行」というのが良さそうです。

まとめ

簡単に今回の内容をまとめみました。 ネット銀行が登場して以来、銀行もサービスが多様化して考えて選んだ方が良くなってきてますね。 万人に適した最強の銀行は無くても、いくつかの銀行を組み合わせることで自分の生活にベストなものを選ぶのが大事そう。

Point