日々ブログ

日々のくらしの中で思ったこと

給食の思い出

微妙に活力を取り戻し、ブログに勤しむ時間が戻ってきたので今日も書きます!
今回ははてなブログのお題にあやかって、「給食の思い出」ですね。
こういう懐かしさを醸し出すテーマは好きですね。
たとえ、広告というお金の匂いを感じてたとしても大人のお約束として処理していきます。
さて、本題に戻ると自分の給食の思い出は小学生までで、中学生からはお弁当に切り替わりました。
なので、6年間だけの短い思い出です。

コッペパンを5秒で食うやつ

給食と言われて思い出したのこういう人ですね。
コッペパンを無駄に早く食べるやつがいました。
うちの給食のコッペパンが特別小さかったというわけでもなく、 長さは15cmで太さも口を開けて頬張らないと行けないくらいには大きかったです。
おとなしい女子はそれこそ20分くらいかけて食べるようなくらいの大きさです。
そんなサイズなわけなのですが、モノの5秒で食べきってました。
(というか、時間計ってと頼まれたのでよく覚えています。) 小学生の自分からしたらヒーローモノでしたね。
食べ方は簡単で、両手で半分にちぎる、半分にしたものを両手でプレスして小さくする、飲み込むの3段階です。
決して褒められた食べ方ではありませんが、早く食べたい人にはおすすめです。
というか、そもそも給食にはコッペパンが出るんだろうか。

机をつなげて食べる謎の風習

仲睦まじいといえばそうなのですが、自分が通っていた学校では机をつなげて食べてました。
正直、そこまでする必要は無いような気もしますが。
加えて、担任の先生が1日ごとに各班に混じってご飯を食べていました。
自分はさっさと食べて運動場に出て昼休みを謳歌するタイプだったので、あまり思いではありませんが、なんでこんなことするんでしょうね。

揚げパンが最強

いろんな給食メニューがありましたが、一番好きなのは、揚げパンでしたね。
上げているというだけで、いつものコッペパンが食べやすくなっている上に砂糖がまぶしてあったので、段違いに美味しかったですね~。
毎日コッペパンで良いんじゃないかってくらい。

肉じゃががじゃがいもの塊

自分の学校だけかもしれませんが、汁物系はほとんど水っけがありませんでした。
肉じゃがとかカレーですね。
じゃがいもが煮崩れしたあげく、水分がすべてじゃがいもに吸われてしまって軽くペースト状になってました。
これとコッペパンが出てきたら体中の水分が持ってかれる気持ちでした。
小学校は、水道水くらいでした水分補給できませんから地獄です。

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

anaconda の有償回避方法と代替案

久しぶりの投稿です。
連続投稿を辞めてからの体たらくっぷりは自分でも驚きます。
とはいえ何もしていなかったわけでもないのですが。 そのあたりは時期を改めていつか記事にできればな~と。
今回は、anaconda が有償化されてから久しいので、自分の理解を整理するためにもライセンス周りについての記事をまとめたいと思います。

Anacondaとは

Anacondaは科学技術計算ライブラリをパッケージにしたpythonの開発環境です。
シミュレーションとか何らかのデータを分析したり解析したりするときに、使用する便利なツールが大体含まれている開発環境というわけですね。
jupyter notebookとか、spyderとかpython でデータ分析をしようと思ったら必要になるツールを予め揃えてくれているというわけです。
プログラミングの開発環境を整えるというのは案外面倒なので、この手間が省けるのAnacondaを使用する一番のメリットです。
他にも、Anaconda環境に合わせて一部のライブラリがチューニングされてパフォーマンスが高いというのもメリットだったりしますが、ほんの僅かな差なのであまり気にしないで良いかと。

有償版Anacondaの特徴

有償版になるとただただお金を取られるのかとおもいきやしっかりと機能的に差別化されているようです。
具体的には下記の機能が無償版に加えて使用できるようです。
個人的に欲しいのは、condaのパッケージ署名くらいでしょうか。
パッケージのインストール時の署名は言わば、セキュリティ攻撃によって偽のパッケージをダウンロードさせられないための仕組みで、パッケージが本物であることを証明してくれる仕組みです。
偽のライブラリを忍ばせる攻撃はiphoneアプリ開発におけるXcode ghostが有名ですね。
秘密情報の漏洩を気にする企業としてはこの仕組を手軽に設けられるメリットは大きいのでは無いでしょうか。

  • リポジトリサーバーが管理してくれる
  • 開発チームの権限管理ができる
  • condaパッケージの署名が利用できる

本当にAnacondaが必要か

ここで、立ち止まって考えたいのが本当にAnacondaが必要なのかということです。
前述の通り、Anacondaは分析のためのツールを手軽に導入できるのが最大のメリットなわけで、ここが必須になることは業務としてはあまりないんじゃないかな~と個人的には思います。
要は、自分で開発環境を構築できれば問題ないわけです。
ここにAnacondaを回避する方法があるわけですね~。

Anacondaを無償で使える条件

改めて、Anaconda無償で使える条件を確認します。

  1. 個人かつ非商用目的による使用
  2. 教育機関における学生または教員の使用
  3. 非営利団体の従業員による非営利目的の使用
  4. 非営利研究機関における、社会的ニーズやグローバルな課題に取り組むための研究および開発
  5. 非営利団体における公益のための研究活動で収益をもたらさない目的での使用
  6. 合計200人以下の共同体における事業体の従業員の使用

以上です。 ライセンス特有の言い回しですね。
ざっくりいうと、金儲けのために使うならお金払ってね~ということですね。
個人でも商用目的はだめ!というように自分は解釈しました。
商用目的が大丈夫ならわざわざ「non-business purposes」とはつけませんし。
ここは、ネット上の記事でも解釈が分かれるところですね~。

加えて、「200人以下の会社なら無料で使っても大丈夫!」というのが、たまにネット上で見かける解釈なのですが、原文をみると「entities in common control with each other with fewer than 200 employees」なので、「会社」では無くて「共同体」が正しいようですね。
この差は大きくて、たとえば1000人規模の会社の子会社が30人という場合に、子会社での使用が認められないように思います。とくに親会社と子会社の連携が密な場合は共同体とみなされそうですし。

自分なりの解釈を含んでいるので、正確に理解したい方は原文を確認することをおすすめします。

www.anaconda.com

Anacondaが有償していることを知らずに使用している場合

あまり好ましい状況ではないですが、Anacondaが有償化していることを知らずに使い続けている場合もありますよね。 もともと無償で使えていたのでしょうがない気もしますが、気づいたのであればさっさと対処することをおすすめします。 即時に金額を請求されたりすることは無いと思いますが、OSSライセンスというのは「自分が開発したツールを使ってもいいよ。その代わりこちらが定める条件には守ってね」というスタンスなので、守らない場合は揉めることが多いです。 過去に、OSSライセンスに従わない企業が出した製品が出荷停止になった事例もあるくらいなので従う方が無難でしょう。 よくある勘違いなのですが、OSSライセンス違反は金で解決することが難しいです。OSSの開発団体は別にお金が欲しくて開発しているところばかりではなく、単純にソフトウェアの発展を願っている事が多く、場合によってはソースコードの開示などを求められるので気をつけましょう。

Anacondaのライセンス回避方法

Anacondaの有償条件について見てみましたが、有償の対象範囲は網羅的に書かれているので営利目的で使用する場合はなかなか回避しづらい気がします。
なので、有償回避方法として存在するのは実質個人での営利目的でしょうか。

個人での営利目的の使用は法人化する

利用規約の1番に関するところですが、個人のフリーランスとして使用されているなら、さっさと法人化してしまうのがいいように思います。
法人化してしまえば、営利組織として見られるので、6番の条項にさえ該当しなければ問題ありません。
フリーランスで200人を超える共同体なんてなかなか作れないですし。
共同体の定義は良くも悪くも曖昧で、人数の定義はありませんので、法人化しておけば少なくとも個人の利用ではないと言いやすくなるので、 法人化しておけば安心だと思います。

Anacondaの代替案

ここからは、Anacondaの代替案ですね。
お金を取られるくらいなら別の方法を使ってしまえという発想です。

方法1:minicondaでインストールする

これが一番オススメの方法です。 利用規約をよく読むと書かれているのですが、Anacondaの開発者がAnacondaが有償化を決めた理由として大きいのが、condaリポジトリサーバーを商用で使用されるのを敬遠されたからのようです。
単にサーバーの維持費がかかるというセコイ理由なわけではなく、企業による大規模なサーバーに対する負荷に耐えられなかったり、そもそもOSSであるにも関わらず特定の企業のみにメリットを与えるのは公平を愛するOSSの考え方に反しますからね。
少し話はそれましたが、minicondaはanacondaのうちのパッケージ管理機能を切り出したライブラリで手軽に利用することができます。 pythonなどではpipが有名ですが、condaでしか利用できないライブラリがあったりするので、そうしたライブラリへの配慮でしょう。 ただし、この方法はanaconda特有のGUIによる管理ができません。 コマンドラインからインストールをして、エラーが出たら文字を読んで対応するという、ある種ソフトウェア開発者として由緒正しい対応が求められます。

方法2:単なる科学計算ならjupyter labを使用する

どうしてもGUIが使いたい、しかも科学計算がしたいという場合にはjupyter labがおすすめです。
自分も脱anacondaを宣言してからはよく利用しています。
jupyter labの前身であるjupyter notebookはすでに開発が停止していてjupyter labに移っているのでご注意ください。
何はともあれ、もっとjupyter labが使われて欲しい。

xinformation.hatenadiary.com

方法3:仮想マシンを用いる

この方法は少し手間はかかるのですが、汎用的かつ一度作ってしまえばかなりの時短効果が得られます。仮想マシンというのは、簡単に言ってしまえばソフトウェアでパソコンを再現してしまおうという技術で、使いこなせばクリックするだけで、linuxなどを手軽に扱えます。クラウドなどの技術にも応用されていますね。 最近であれば、やはりubuntuが使いやすいのでおすすめです。

xinformation.hatenadiary.com

方法4:開発者権限管理が欲しいならgithubがgitlab

少々本筋から離れた方法かもしれませんが、有償機能のうちの開発者の権限管理機能が欲しい場合は、githubやgitlabを利用するのが便利です。
Anacondaに並々ならぬ愛があるならよいかもしれませんが、gitツールとの相性を考えるとやはりgithubに軍配が上がります。

田中達也さんのミニチュア展がすばらしく、独自の世界だった

SNSで話題になっている「田中達也」さんのミニチュア展に行ってきました。
パートナーに誘われて行ってみたのですが、これがなかなか独特の世界で面白かったです。
ミニチュアもそうなんですが、「田中達也」さんならではのセンスに魅了されます。
作品自体もそうなんですが、作品名が秀逸です。
6月からは静岡での開催のようです。
関西にまた来てほしいな~。

開催場所は米子市美術館

今回訪れたのは米子市美術館です。
昼前に訪れたのですが、すでに人がちらほらいました。

ミニチュアと日常を組み合わせた空間

ミニチュア展に行くのは初めてだったのですが、 日々の生活で使うものとミニチュアが組み合わされた空間が展開されていました。
単に組み合わせるだけでなく、今にも動き出しそうなストーリーが描かれているんですよね。
下の写真だと、テニスボールの縫い目をランニングコースに見立てて、緑の部分を芝生に見立てているのですが、どこか登場人物の楽しそうな雰囲気が伝わってきてすごい好きです。
こうした作品が数十展あるような展示会でした。

1番好きだったのはチャーフィン

見てて一番好きだったのチャーフィン!
中華鍋で炒めているチャーハンをサーフィンするという独特のセンス全開の作品でした。
チャーハンの作り込みがすごい。エビがめちゃくちゃ美味しそう。
こういうセンスってどのようにして養われるんでしょうね。

田中達也さんについて調べてみた

せっかくなので田中達也さんについて調べてみました。
1981年生まれの鹿児島県出身の方だそうですね。
もともとは、会社員をされていたそうですね。
創作活動を続けていてSNSで活動を続けた結果、 独立できるくらいの成果を出せたようです。

出典: https://miniature-calendar.com/about/

1日1作品SNSで掲載しているのが尊敬する

パートナーに教えてもらったのですが、1日1作品のミニチュアを作成して、SNSにあげているんだそうです。
しかも、10年近く続けているそうです。
1日1記事を達成できなかった自分からするとかなりの尊敬です。
ブログは文字を書くだけですが、ミニチュア作品ともなると独自のアイデアが必要になりますもんね。
これを実現しながら、ドラマの映像の作品だったり展示会の企画・運営を行うなんてバイタリティがすごすぎる。
何かを成し遂げられる人って、やっぱり行動量が違うな~としみじみ思いました。
自分が日々積み上げたもので展示会が開けて、そこに人が集まるというのは、シンプルにすごいな~と思います。
日々の積み重ねが公式ページでカレンダーとして掲載されていてこれを見るだけでも癒やされますね~。
自分もコツコツ頑張らないとな~。

ブログをサボって1ヶ月が経ち、ブログを開設して1年が経ちました

今日は5月15日ですね~。
実は、5月15日はブログの開設日なので、そのことについて書いていきたいと思います。
正直、ブログの開設日であることなんて誰が興味あるのかわかりませんが、とりあえず自身の気持ちの整理を込めて書いていきます。
ちなみに画像はイメージでタバコは吸いません。

サボっていた1ヶ月

言い訳するまでもなく、単にサボっていました。
というのも、ずっと見続けてくださった方からのレスポンスが無くなってしまって、 モチベーションを維持できなかったです。
我ながら情けない。
そして、サボっている中でどうしてレスポンスが無くなったのかを考えると、 やっぱり品質の低下かな~と思いまして。
毎日続けてしまった結果、書くことや書き方がマンネリ化してしまっていたように思うんですよね。
そうなると、読んでる側も面白くないんだろうな~というのをサボっているときに考えていました。
何はともあれサボってしまったことはよくないので、これからまた頑張って行こうと思います。

コツコツ続けるのは得意なんだけど、毎日続けるのは苦手

これは自分の特性でもあるのですが、コツコツ続けるのは得なんですけど、毎日続けるのは苦手なんですよね。
最初は続くのですが、そのうちにサボってきてしまうんですよね。
毎日の英会話然り、運動然り。
決して同じことを繰り返すのが面倒というのではなく、マンネリ化に嫌気が刺して他のことをしたくなるんですよね。
実際サボっている間も別のことに時間を割いていましたし。

原点に立ち返る

今後のブログの方針ですが、原点に立ち返って書きたいことを書きたいときに書いていくようにします。
SNSは毎日投稿が基本!とかそういうのをよく聞きますが、品質を維持できなければ意味ありませんもんね。
本当に自分が書きたいことを書いていっていつか見返したときに、当時の本当の自分の考えが映し出された方が自分にとっても宝物になる気がするので。 そういうわけで、毎日投稿ではありませんが、これからも地道に投稿していきたいと思います~。

自動運転車ってどこにいったんだろう?

一昔前、まだ東京オリンピックが開催する前に騒いでいた「自動運転車」ってどこいったんでしょうね~。
オリンピックまでに実用化すると言っていたようなきがするんですが、
まだまだ普及は進んでいないようですね。
高級車に関しては、すこしずつ普及しているようですが、自分とはまだまだ縁がない😥。
それはそうと。¥、東京オリンピックの招致PR動画とか見ると、かなり懐かしいです。


www.youtube.com

東京オリンピック

東京オリンピック前は、自動運転だの水素エネルギーのインフラシステムだの色々新技術がてんこ盛りというかんじだったんですけどね。
ステラアソシエさんのサイトとか見るとめちゃくちゃ懐かしくなりますよ。
10年前に考えた今の姿が描かれています。
10年末というとまだ、スマホがまだ普及段階で、ARグラスとかVRの技術がまだ世に出る前でしたね~。
結構この10年って色々世の中が変わった気がする。

stella-associa.jp

感染症についても言及

意図したのかどうかはわかりませんが、しっかりと感染症についても言及してありますね。
対象はエボラなどのようですが、感染症対策としてのフローが描かれています。
この頃はコロナも全く見る影はありませんでしたが、コロナの例を見ると案外大筋は合っているような気がします。

f:id:xinformation:20220417213119p:plain

コロナがなかったらちゃんと実現したいたんだろうか

当時は水素エネルギーのインフラを拡充する計画だったんですね。
こちらの計画に関しては、今回の記事のために調べるまで知りませんでしたが、 水素エネルギーが使われているところってほとんど見ませんよね~。
それよりは、今は脱炭素を名目に電気自動車の方が力が入っている感じですもんね。

f:id:xinformation:20220417211936p:plain

パラリンピックで自動運転車と選手が接触

あまり自分は知らなかったのですが、自動運転車とパラリンピックの選手が接触していたようですね。
トヨタ側は悪くないとかそういう議論もされているようですが、実際のところはよくわかりませんね。

豊田社長は謝罪

事実関係はともあれ、歩行者と自動車では歩行者の方が弱者であることは明白なので、 しっかりと謝罪をしたようですね。
安全・安心が一番大事な車の開発において歩行者の安全が一番ですもんね~。
こういうときにちゃんとスタンスを伝える社長ってすごいですね~。

トヨタの自動運転車、パラ選手村での運行再開 選手との接触事故で一時中止 - BBCニュース

騒いでないだけでロードマップは存在

あまり知名度は騒いでいませんが、自動んてんのロードマップは未だに健在のようですね。
どうやら今はレベル2まで到達しているようです。
レベル2はたしか「アクセルとブレーキの補助」だったかな~。
いわゆる完全自動運転に関しては、レベル4にあたり、一般からではなく物流から行うようです。
進捗はあまり!というのが正直なところですが、一昔前のロードマップより内容がさらに具体的になっている気がします。
まあ、いきなり実現することは無いんでしょうが、地道に技術が進歩しているのを感じますね~。

f:id:xinformation:20220417215452p:plain

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20210615/roadmap.pdf

英語が使えたら海外ゲーマーと遊びたい

今週のテーマはもしも英語が使えたらですね。
なかなか夢のあるテーマですが、いざ使えたらと考えても正直何も思いうかびません。
中・高と闇雲に学んできたことに気付かされたテーマでした。
正直、中・高の学問って何のために学ぶのかがわからないまま勉強することがほとんどなので仕方がありませんが、学ぶ目的みたいなのをもう少し明確に示すだけでかなり変わるような気がしています。

自分の英語能力

自分の英語能力は読み書きが出来る程度ですね。
英語を原文で読んだり、ちょっとした短文を英語でかけるくらいですね~。
といってもバンバン翻訳サイトは活用しますが。
最近の翻訳サイトの精度がかなり良くて、 英語の文法に関する知識があれば、めちゃくちゃ使えます。
一方で、リスニングやらスピーキングは全くできません。
耳がバグっているんじゃないかと思うくらい、英語が聞こえません。
英語耳になっている人って本当にすごいですね。

スピードラーニングを聞かなくなった

英語の話題となると、自分がよく思い出すのがスピードラーニングですね~。
夜中のCMなどでかなり話題になっていたものです。
これがあれば英語を魔法のように話せるようになる!みたいな謳い文句だったと思います。
販売元の日本直販のCMをあまりテレビで見なくなったことが原因なんでしょうかね~。
通販業界も競争が激しいので仕方ないといえば仕方ありませんが。

海外のゲーマーと遊びたい

英語が使えるようになったら海外のゲーマーと遊びたいですね~。
海外旅行なんかもいいですが、お金もかかりますし、第一海外旅行に行ったとしても、 海外の人とそんなに交流はしない気がする。
それよりは、何か一つの目的を共有しながら交流する方が良い気がするんですよね~。
それがうってつけなのが、オンラインゲームなのかな~とか思ったりしてます。

#もしも英語が使えたら

#もしも英語が使えたら
by クリムゾンインタラクティブ・ジャパン

円安の株安

すっかり円安になりましたね~。 それに加えて、株価も下がり始めています。 ビットコインの価格も、円安の状況下にもかかわらず、80万円近く下落していますからね~。 円安よりもビットコイン安の方が程度が大きいわけですが、

f:id:xinformation:20220412235000p:plain

購買力の低下

以前、ロシアのカニが買えなくなってきたことをお伝えしましたが、 その状況が悪化してきたようですね。
円の価値が下がって、ほしいものが買えなくなってきているようです。
小麦なんかも自給率が10%程度しかなかったので、一番最初に価格に影響が出たんでしょうね。
次は、牛肉とかかな~と思ったり。
今のうちに焼肉を食べとこう!。

xinformation.hatenadiary.com

半導体不足は本当なのか

こうなってくると、半導体が不足しているのかどうかも正直怪しいですね。
不足しているわけではなくて、物はあるんだけれども、円の購買力が低下してきているので、 輸入できていないんじゃないかなと勘ぐってしまいますね。
そうなると、事態は非常に厄介で、いつまで経っても物が不足する状態が続きます。
お金なんてつまるところ、使ってナンボのものなので、購入するものが無ければ意味がないですもんね。
f:id:xinformation:20220412235234p:plain

日本独自のものが無くなってきた

日本独自のものっと本当になくなってきましたね。
アニメも中国で作られますし、ゲームも韓国の方がオンラインゲームは強かったりします。
日本でないと作れないものがどんどん減ってきているわけですね~。
家電メーカーを見るとその状況が分かるよう気がします。
高いし、性能が低いわ、毎年そんなに機能も変わらないわで日本製を買うメリットが少なくなってきましたもんね。
メイド・イン・ジャパンを叫ぶ人も減ってきた気がします。
いわゆるコモディティ化ですね。