日々ブログ

日々のくらしの中で思ったこと

【ドラクエウォーク】錬成後デスピサロの牙の評価

デスピサロの牙が復刻で登場しました。
ロザリーの杖と同じく錬成が追加されたのでその内容を記載します。
f:id:xinformation:20210829145940p:plain

性能と評価

錬成によって、デスピサロの牙はメラのランダムな対象に対し倍率390%の単体攻撃を打ち出すことができるようになりました。
数値としては炎獅子の爪と同じですが総合性能で見ると、
対象がランダムであることや優秀な全体攻撃スキルを持っていないことから炎獅子の爪に軍配が上がります。
消費MPがデスピサロの牙の方が2だけ少ない(消費MP26)ので、 MP効率は勝っています。 どちらを選ぶかはほぼ好みの問題と思います。
元々持っている人からすれば嬉しい、錬成内容であることは間違い無いですが、 性能を目当てにこれから狙いにいくものでは無いです。
炎獅子の爪の復刻も決まっているので、そちらを狙いに行くのもありです。
f:id:xinformation:20210829150702p:plain

まとめ

続々と錬成が追加されており、 新しい演出が出てくるだけでもファンとしては嬉しいです。
錬成の今の所の立ち位置は、 「旧武器を第一線武器のちょっと足りない性能」に押し上げるものなので、 性能重視の方は見逃して良さそうです。
錬成ならではの特殊効果みたいなの出ないかな~。