日々ブログ

日々のくらしの中で思ったこと

男子校出身が語るクリボッチの過ごし方(回顧録)

男子校の経験はネタにしていこう〜ということで、元気よく書いていきます。 季節柄、クリスマスということもあり自分がどんな感じで過ごしてきたかを書いてみようかと。 現役で男子校に通う人たちには、あ〜こんなクリスマスよりはマシだな〜と元気づいてもらえればいいかなと。 当時は悲痛でしたが、今となればあまり気になりませんね~。 忘れられるのは一種の才能だ~。 f:id:xinformation:20211212161532p:plain

xinformation.hatenadiary.com

高1 叶わぬ恋愛に憧れて、共学だった頃をただただ思い返す

もともと、入学した男子校は第一志望というわけでも無くこの頃はまだまだ未練が残っていましたね。 結構周りも引きずっている人が多かったしな~。 あまりにも引きずる人が多いのを経験上知ってか知らずか、第一志望落ちてこの学校に入学する手続きの際に集められた時、手続きを統率していた人の第一声が 「あなたたちは第一志望に落ちたんです。諦めてください」でしたからね。 今思えば、どうしようもないことにクヨクヨするなという大人の言葉なのですが、当時は「あの先生やばすぎ」くらいにしか思ってませんでした。 まあ、入学から半年以上経っても、過去の栄光にふける人は多かったわけですが。 下の画像のような関係は全くありませんしね。

番外編として、友人には同級生から告白されたみたいなクリスマスサプライズを食らってる人はいましたが、 それはある意味選ばれし者のみ与えられる経験でしょう。

f:id:xinformation:20211212161824p:plain

高2 恋愛は諦めてコンビニチキン選手権を開催する

2年も男子校を経験すると今までと違った人間性が開花し始めます。 自分の場合はは効率厨になっていきました。 自分はキリスト教への信仰心うんぬんはおいておき、クリスマス=コンビニチキンが安く買える季節くらいの捉え方をしだします。 哀れですね。 ちなみに、今も昔も1位はミニストップです。 クオリティがぜんぜん違うし、大手3社はクオリティが落ちている。

f:id:xinformation:20211212161632p:plain

高3 恋愛を忘れるために大学受験に打ち込む

ここまで来ると、あとは受験だけです。 男子校だろうが共学だろうが受験はやってきますが、 男子校の受験にかけるパワーは桁違いです。 ある意味修行みたいな3年間で得たマイナスパワーを存分に勉強にぶつけます。 高校生活は楽しいのは楽しいのですが、大学への羨望はクライマックスを迎えます。

f:id:xinformation:20211212162733p:plain

まとめ

華やかなクリスマスとは無縁の学生生活を送ってきたわけですが、 自分は今でも元気です。 大学に行ったり、社会に出れば自分で交友範囲も決めれるので、男子校だからと絶望しなくても大丈夫なように思いますね。 それよりも男子校の特殊空間を楽しんだ方がよい気がします。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス