日々ブログ

副業探しの過程

中学は共学.高校で男子校を卒業して良かったことと悪かったこと

f:id:xinformation:20211204112127p:plain

中学は共学で高校は男子校で大学は男ばかりの工学部

中学は公立の共学で、高校は男子校でした。 高校なんてどこもそんなに変わらんやろう~くらいの選び方でしたが、振り返ってみると結構差がありそうです。

良かったこと

見た目に気をつける必要が無い

男だらけなので、気をつける必要はほとんど無かったかな。 少なくとも自分は気にしてませんでした。 おしゃれに疎くなるというデメリットはありますが、 個人的に過ごしやすかったです。

いじめが少ない気がする

男子校は共学に比べて、いじめが少ないと思いますね。 異性に対するプライドを校内で守る必要が無いので、クラス内のポジショニングにそこまで気をつける必要がないからなんでしょうか。 せいぜい面白いやつかどうかです。 部活や受験へのストレスのはけ口から一時的にいじめっぽい人もいますが、いじる程度でしたね。 ちなみに体育会系だとタテ社会は共学よりも強かった気もするので、 このあたりは校風や地域性にもよると思うので意見は分かれるかも。

f:id:xinformation:20211204113959p:plain

卒業後ネタにできる

これはある意味の自虐ネタですが、男子校はマイノリティであることは間違いないので、それだけで話のネタになります。 男ばかりだと、リミッターがないので無法地帯に近いので共学ではできない経験を得ることができます。 このあたりは 卒業後、ずっと使える話のネタを3年間で手に入ると考えれば安い…かも。

恋愛トラブルに巻き込まれない

少なくとも学内で恋愛トラブルは皆無なので気にしなくていいです。 積極的にそうしたグループにさえ関わらなければ、それこそ「恋愛ナニソレオイシイノ?」くらいの感じで、 自分なりに消化できます。 まあ、同性に目覚める人も

悪いこと

入学してから女子がいないことの切実さを知る

悪いことでもないかもしれませんが、入学する前は「女子いても気を使うだけやん」と、 達観していた人も、3年かけて自分の選択の深刻さをしります。 持つものの戯言に過ぎないということを。 失うことの意味をしります。

異性との出会いの場が無い

想像に難く無いでしょうが、これが一番のデメリットでしょう。 ドラマに出でくるようないわゆる「青春の学園生活」は送れないです。 素直に諦めて、男の青春を目指しましょう。 当時自分は、一生出会いの場が無くて、恋愛も結婚もできへんのや〜くらいに打ちのめされてました。卒業すればそんなことは無いんですがね。 自分は行ってませんが予備校とかが出会いの場になってたりしたので、足掻くならどうぞ。

男子校は女子に飢えてると見られる

男子校に出会いの場が無いのはお察しの通りで、周囲にそれをイジられます。 本人からすればどうしようもない事実なので、なおさらプライドをえぐります。 えぐられた結果精神面がタフになったり、切り返しのレベルが上がるのはアドです。

共学の人との恋愛話がうらやましい

いわゆる共学の「あるある」について行けません。 ドラマの中だけのファンタジーなのか、現実でもそれは起こりうるもんなのか。 恋愛に関するあらゆるものがファンタジーです。 あらゆる恋愛ごとが食パン女子と同等に捉えてました。 f:id:xinformation:20211204113326p:plain